DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

ティラノサウルスは、群れで暮らしていたの研究

ティラノサウルスは、群れで暮らしていた

それは、NHKの恐竜超伝説でも

描かれたティラノサウルスの新たな姿です。

今回の恐竜ニュースは、ティラノサウルス

仲間、テラトフォネウスという恐竜の研究で

明らかになった話です。

テラトフォネウスは、アメリカに生息してた

恐竜で、有力な捕食者だったと思われます。

名前の意味は、殺戮モンスターという意味で、

かなり、怖くて強くっておっかない恐竜だったのでしょうか。

とある研究者がカメの化石を探していた時のこと。

恐竜の足の骨が見つかりました。それから数時間かけて

掘っていくと、複数のテラトフォネウスの化石が

同時期に死んだような状態で発見されたのです。

この発見により、ティラノサウルスの仲間が

社会的に群れをつくっていたという証拠の一つが

出てきたのです。ただ、オオカミのように集団で

狩りをしたなどの証拠になったわけではありません。

引き続き、このような研究が進められていくことでしょう。

f:id:ditinoue:20210429114424j:plain

テラトフォネウス