DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

体の仕組み1の解説 その1

昨日の「体の仕組み1」の記事は、

見ていただけたでしょうか。そのページの解説を今日の

2回にわたって、お送りしたいと思います。

まず、左ページ。基本的な恐竜の体の特徴を

記しています。まず、下の写真。

f:id:ditinoue:20210501110959j:plain

恐竜の体の仕組み(ステゴサウルス、トリケラトプス

大体こんな感じの体の仕組みになっています。

この下に本当は、ベロキラプトルを書いていたんですが、

画角に収まりきらず・・・。

ちょっとは、字が濃くなったぽいので、まあ、

文字は、分かる思います。

基本的な体は、エドモントサウルスなどが

基本形です。大体こんな感じです。

この写真は、ヤマトサウルスです。

f:id:ditinoue:20210501111637j:plain

ヤマトサウルス(恐竜の基本形)

基本形というのは、とくに、特別な装飾がなく、頭、胴、

脚、尾で形成されているのが基本形です。

上のステゴサウルスは、まず、前脚が後ろ脚より短い。

そして、背中に板などの装飾があります。さらに、武器として、尾にトゲ付き。

トリケラトプスの場合は、頭に、フリル、角、

出っ張ったほおがあります。

また、ちょっと、尾が短いのも、特徴の一つです。

他にも、顔には、角、フリル、トサカ、くちばしなどがついているもの。

背中に、骨の板や帆、鎧、トゲを持っているもの。

尾に、ハンマーや、トゲなど、武器を持っているものがいます。

いずれにせよ、基本形から進化しているものは、

環境などで、食べ物や身を守る武器、メスへのアピールなどで、

このように発達したと、僕は、考えます。

進化って、面白いですね。

今日2回目は、右ページの竜脚類の体の仕組みについて紹介します。