DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

小型肉食恐竜は、速かった

今日は、朝3時に起きました!それは、なぜか。

釣りに行くためです!その途中に、強行軍だったため

キレイなキレイな朝焼けが見えた!

それを母にすがりこんで頼んで朝焼けの写真を撮りました。

キレイだったな~。そのあとに、キレイなキレイな

雲海が見えた。ただ、その時には、カメラが

追いつかなかった・・・。その写真がこちらです。

f:id:ditinoue:20210530162856j:plain

釣りに行くときの車の中から撮れた朝焼け

恐竜話に戻りましょう。今日は、恐竜

ニュースです。福井県立恐竜博物館が

小型肉食恐竜の仲間、デイノニコサウルス類の

歩く速さが分かりました。歩く速さが

ティラノサウルスに続き2度目となったんですね。

研究したのは、ドロマエオサウルス類の

ベロキラプトリクヌスという学名が

付いた恐竜です。まず、

中国で足跡化石が見つかり、特徴から

ベロキラプトリクヌスと判明。足跡は、

9つ見つかったうち、6つが連続して見つかったので

3つ以上が連ならないと計測できない

歩く速さを計測するころができました。

この結果からデイノニコサウルス類のうち

ドロマエオサウルス類時速6.1㎞、

トロオドン類時速4.6㎞と算出しました。

研究者は、「ドロマエオサウルス科と

トロオドン科では、足の構造が違うため、

歩き方などの研究を進めれば足跡で区別できるように

なるかもしれない」と語っていました。

f:id:ditinoue:20210530164249j:plain

ベロキラプトリクヌスの足跡化石