DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

イギリスでまさかの発見

イギリスで考古学者の

マリー・ウッズさんが、

とある海岸に夕食の材料にしようと、

貝を堀に行った時のこと。

海岸に、巨大な足跡の化石があった!、

というニュースがYahoo!ニュースに

ありました。それは、

専門家に調べてもらうと、なんと、

巨大なメガロサウルスの足跡の化石でした。

イギリス北部で最大の肉食恐竜といいます。

メガロサウルスは、イギリスで見つかった、

全長約9mの肉食恐竜で、ジュラ紀に生きていました。

最初に名前が付いた恐竜として有名です。

発見者のマリーさんが簡単な説明と一緒に

Twitterに投降したところ、急拡散。

イギリスの主要メディアも取り上げ、

話題となっています。ちなみに、

昨年、別の男性が化石を発見しており、

結局、元発見者の男性、ロブさんと、

マリーさんの共同発見ということになりました。

このような偶然発見は、他にもあり、

前回紹介したラホナビスは、竜脚類恐竜を

発掘中にたまたま見つかり、

兵庫県で見つかった、タンバティタニスも

生痕化石(生物が生きていた証となる化石)を

探していた時に、たまたま見つかったということです。

news.yahoo.co.jp