DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

卵殻化石、世界に羽ばたく

こんにちは!DIT井上です!今、ほかのとこも

そうかもしれませんが、大雨警報で学校にいけません・・・。

なので、今やっております。ただ、おかげで、いつも、

VS魂の時間と隣り合わせな僕が、余裕をもってブログをやれています(笑)

さて、このタイトルに不思議を抱いた方もいるのではないでしょうか?

昨日、DIT井上、ひとはくに行く!で卵殻化石を多数紹介しました。

ヒメウーリサス・ムラカミイでしたね。今回は、世界に進出した(?)

ditinoue.hateblo.jp

 

ヒメウーリサス・ムラカミイ(以下、ヒメウリ)について解説したいと思います。

「ヒメウーリサス・ムラカミイ」の名前は、ヒメ=かわいい

ウーリサス=卵の石  ムラカミイ=タンバティタニス発見者、

村上茂さんにちなんで  というわけです。

f:id:ditinoue:20210707183825j:plain

ヒメウーリサス・ムラカミイの化石

f:id:ditinoue:20210707183929j:plain

ヒメウーリサス・ムラカミイの化石

小型獣脚類の卵と思われます。初期に書いた、

「小さな肉食恐竜の神秘」にいたような恐竜です。

ditinoue.hateblo.jp

そして、ヒメウリは、なななななんと!昨年8月ごろに

あのギネス世界記録に登録されたんです!!!!!

地元は、大盛り上がりだったのでしょうね。登録の理由は、

「世界で最も小さい非鳥類型恐竜卵化石」だったから!

重さは、ウズラの卵ほど、大きさは、ウズラより小さいか同じくらいかという。

どうりで、一番小さいわけです。筑波大学田中康平さんらが

研究しました。発見された兵庫県丹波市は、世界的にも貴重な

卵殻化石の宝庫で、これまでにも、様々な新種が見つかっているそうです。

というわけで、ヒメウリ君は、ギネス記録という力で世界に羽ばたいたのでした。

ちなみに、恐竜新聞にもヒメウリを載せました。11号です。

ditinoue.hateblo.jp

これからのヒメウリと卵殻化石研究に期待が持てますね!

ヒメウリと鶏の卵の大きさ比較(絵がとても下手ですがお許しを)☟

f:id:ditinoue:20210708151928p:plain