DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

体の仕組み2恐竜解説 その2

体の仕組み2 の恐竜解説2回目です。

1回目は、左ページの内臓について解説しました。

今日は、右ページの筋肉、脳について解説したいと思います。

まず、筋肉です。筋肉は、対になって必要かしたり、

弛緩したりして、体を動かします。ティラノの巨体を

動かすには、どれほどの筋肉が必要か想像したら

すぐわかると思います。首と尾の筋肉は、特に強く

そのわけは、重い頭骨を支え、体のバランスをとるためです。

一番小さな筋肉は、前脚にある上腕二頭筋

200㎏のものを持ち上げられたでしょう。これは、

およそ、人間の大人3人分ほどの重さです。

f:id:ditinoue:20210508105536j:plain

ティラノサウルスの筋肉の図

次は、脳についてです。脳は、大きな頭骨の奥のほうに

入っていて、意外に大きなものでした。大きく、

7つの部屋に分かれていて、そのほとんどは、

感覚器で、嗅覚、視覚、聴覚などのハンターに必要なものを

兼ね備えていました。なお、下の図は、分かりやすいように、

部位ごとに色分けされています。

f:id:ditinoue:20210508105612j:plain

ティラノサウルスの脳の図