DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

剣と炎の忘れられない光景

こんばんは!DIT井上です!

はてなインターネット文学賞「記憶に残っている、あの日」か~。

そんなものがあるんですね。そっか~。はてなって20周年になるんだ~!

はてなさん、おめでとうございます!そして、楽しいブログをさせてもらって

ありがとうございます!これからもよろしくお願いします!

僕の記憶に残るあの日は、コレかな。写真があればよかったんですが、

残念ながら、前のパソコンがシュ~でそのピクチャに入れてた僕の写真も

同じくシュ~になっちゃったという悲しいことがあったので、

同じような写真で我慢してください。真に申し訳ございません。

それでは行きましょう。

それは、井上が小学2年生ごろのとある夏の日。

井上は、父に連れられ、まあまあ高い山に登ることになった。

僕にとって、かなり嫌なことであったが。それでも、天に向かって伸びる

剣に登ることを決心したのであった。それで、大変だが登って、

ロッククライミングを崖で楽しみながら、登ったその先には、

剣の刃先があったのだった。その先で、井上は、一生忘れられないで

あろう光景を目にした。太陽が燃え、剣が伸びる光景を見たのであった。

他の剣が伸びる戦場の中には、戦場ではない炎があったのだった。それを、

井上は、一生忘れられなかった。

f:id:ditinoue:20210606145642j:plain

それから、山も好きになってきた。ヒマつぶしにするようになった。

そして、その思い出を思い出しながら剣の先に苦難の末立った光景を

キーボードで、モニターに打っているのであった。

f:id:ditinoue:20210606150135j:plain

 

こんな感じですかね。僕が体験した思い出は。写真は、

物語(?)の光景とは多少異なりますが許してください・・・。

これで、はてなの大賞を頑張って狙いたいと思います!

まあまあ、いい感じじゃないのかな。と思います。(自分的に)

文章が、まあまあ得意なのでね。それにしてもすごかった。

どこか。正確な時間は、覚えていませんがこれはすごい光景だったよ。

みなさんも、このお題を書いていたら、僕にも教えてくださいね。