DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

DIT井上、剣と鎧の恐竜展に行く! その1

こんにちは!DIT井上です!ついに・・・ついにいけました!!

剣と鎧の恐竜展!ヒャッホ~!

ditinoue.hateblo.jp

大阪はもう無理かもしれませんけど。ティラノサウルス展も行きたかったですけどね。

まあ、このご時世だから仕方ない。展覧会はいっぱいありますもんね。前を向こう!

ditinoue.hateblo.jp

 
■今日の記事は・・・■
DIT井上がケンヨロに行ったことについてを書いていきます!その第1弾です。

大まかな感想

最高でしたよ!剣と鎧の恐竜展!(以下、ケンヨロ)

もう終わっちゃっていて、僕は、9月2日に行きました。ギリギリセーフ!

行きたい人もいたと思うんですが、仕方ないです。でも、常設展もいいんで、

下の地図をもとに、ぜひ行ってみてください!

感想が大まか過ぎません?最高とかだけじゃん?

それじゃあ、紹介していきます!!行ってみると、こんな感じでした!

大まかな内容

まず、展示についての大まかな内容を紹介していきます。

入ったら、いきなりステゴサウルスが出てきます!ビックリです。

入館者カードだっけ?そういうのを書かなきゃいけません。感染対策ですね。

ケンヨロは、装盾類を紹介していくコーナーです。装盾類とは、剣竜(ステゴ系)と

鎧竜(アンキロ系)の恐竜のことで、尾に、トゲやハンマー、背中に、

鎧や骨の板をつけている恐竜で、いわゆる、”武装恐竜”ですね。

完全武装!すげー!

かっこいいよね!完全武装だから、時に肉食恐竜をフルボッコにできるからね。

めっちゃかっこいいんです!恐竜がかっこいい!!最高です!!

アメリカ西部の2つの地層が舞台で、1つは、ジュラ紀の恐竜が見つかる、

モリソン層、もう1つは、白亜紀前期の恐竜が見つかる、シーダ・マウンテン層です。

入り口側は、モリソン層(剣竜)奥側は、シーダ・マウンテン層(鎧竜)が

見られます。

ここで撮れたお気に入り写真

次に、ここで撮れたお気に入り写真を紹介したいと思います。

f:id:ditinoue:20210905134019j:plain

f:id:ditinoue:20210905134329j:plain

f:id:ditinoue:20210905134437j:plain

f:id:ditinoue:20210905134549j:plain

f:id:ditinoue:20210905134622j:plain

こんな感じですかね。上から2つ目のデイノニクスの化石は、

アイキャッチ画像にまでしちゃいました。

最後に

今回は、ケンヨロの第1弾で、基本情報についてを紹介しました。

ホントに最高でした!来週からひとはくみたいに、写真をたくさん紹介していきます。

ditinoue.hateblo.jp

次も楽しみにしていてくださいね。

カクヨムの小説の完結

カクヨムで書いていた、小説、愛を盗んで恋しようがいよいよ完結しました。

恋愛経験0の僕、DIT井上が想像力を絞って書いた作品です。ぜひ読んでください。

kakuyomu.jp

19:02分追伸

小説、「絶滅動物の霊の声」を公開しました!1作だけの読みきりです。

どうぞ、読んでくださいね。

kakuyomu.jp

どちらの作品も、ぜひ読んだくださいね。