DIT恐竜研究室

僕が大好きな恐竜についての活動を紹介します。たまに雑記も書きます。

MENU

まさかドラゴン?!新種の翼竜発見!!

こんにちは!DIT井上です!どうやら

オーストラリアで新種の翼竜が発見されたようです。

てゆっか翼竜って何?

それは、下の記事読んで・・・。(前説明したよ?)

ditinoue.hateblo.jp

ditinoue.hateblo.jp

ditinoue.hateblo.jp

 で、見つかったのは、オーストラリアです。かなりデカいそうですよ。

タイトルで、「まさかドラゴン?!」なんて書いてあるけど?

そう、大型で、とても恐ろしいハンターだったらしい・・・。

そんな怖~い翼竜を今日は、見ていきたいと思います!!

■今日の記事は・・・■
オーストラリアで見つかった新種の翼竜を見ていきたいと思います!

この記事はこんな人にオススメ!

☑新種の翼竜が気になる人

翼竜が好きな人

☑オーストラリアの化石が気になる人

 それでは参りましょう!

この翼竜は、オーストラリアで見つかり、両翼を広げるとなんと!

約7mにもなります!!この翼竜は、巨大な内海、エロマンガ海上空を

飛んでいたようです。槍のように鋭く並ぶ歯で標的にされた魚は、

一網打尽。魚にとっては、会ったら、死ぬ確率ありの危険生物だったようです。

同国のクイーンズランド大学の研究チームは、2011年に採掘場で

見つかった翼竜の頭骨を調査した結果、新種ということが分かったようです。

この翼竜は、恐竜も獲物にしていた可能性が高く、研究チームの

リチャーズ氏は、「これは本物のドラゴンに最も近い」と評しています。

この翼竜は、「タブンガガ・ショウイ」命名されました。

タブンガガは、先住民の言葉で、槍と口。ショウイは、発見者、

レン・ショウ氏に由来します。

やっぱり、名前も怖い・・・。

頭蓋骨の大きさは、1m以上あったとされ、約40本の歯が

大きな口に並んでいたとか・・・。前回解説した、アンハングエラ

近い仲間だったと思われます。 アンハングエラの解説はコチラ☟

ditinoue.hateblo.jp

 オーストラリアは、翼竜の化石が少ないため、研究資料として

欠けていましたが、タブンガガ・ショウイの発見で、空白記録が

埋まり、当時の状況を把握するのにとても役立ちそうです。

新たな研究成果が出るのを期待しましょう!!

楽しみ!!

f:id:ditinoue:20210811182953j:plain

タブンガガ・ショウイの復元画

news.yahoo.co.jp